ブルーベリー収穫奮闘記 新築の庭でブルーベリーを栽培。ブルーベリーの育て方と成長を観察記録するブログ。

葉が透ける?葉の一部だけ枯れる原因

イラガの幼虫によるブルーベリーの被害

6月~7月にかけ、急に葉の一部が枯れ出したり透けたような葉を見つけることがあるかもしれません。
それは「イラガ」の幼虫による食害の可能性があります。
イラガは蛾の一種で、幼虫はブルーベリーをはじめとした果樹の葉を食べて成長します。
放っておくと葉がすべて食べられ、光合成ができなくなり、収穫はおろか株が枯れてしまうこともあります。

イラガの幼虫による被害

イラガによる食害はかなり特徴的で、発生するとすぐにわかります。
イラガの幼虫によるブルーベリーの被害
このように葉の裏面だけを食害するため、透けたようになったり、葉の一部分だけが枯れたりします。
イラガの幼虫は刺しますから、こういった葉を見つけても、決して素手で触ってはいけません。

イラガの幼虫は、集団で行動することが多いです。
イラガの幼虫
集団で移動しながら葉を食害し、葉から葉へと移動します。

イラガが発生してしまったら

基本的な対処方法としては、しっかりとグローブをして被害のある葉から先の枝を落としてしまうことです。

被害が広範囲にわたっている場合は、葉を全て枯らしてしまう可能性があるので、農薬の散布で乗り切りましょう。
スミチオンなどブルーベリーに適用の無い農薬は、安全性が担保されていませんので、間違っても食用のブルーベリーには使ってはいけません。
ブルーベリーに適用があり、イラガに効く農薬は「デルフィン顆粒水和剤」です。

デルフィン顆粒水和剤  100g
イラガには農薬がよく効き、使用方法通りに使用すれば残留農薬を気にする必要はありません。
また被害のあった葉の周辺の「葉だけ」に散布すれば、さらに安全性は高まると考えられます。


イラガを発生させない予防方法

産卵をさせないためには、6月に入ったころにネットで覆い、物理的な接触を避ける必要があります。
これ以外に方法はありません。
予防方法としては、イラガの蛹は繭を作って越冬しますから、自宅の庭の木に「白と茶色の模様」のある繭が付いていないか確認しましょう。
成虫になる前の繭を駆逐することで、成虫の個体数を減らし、産卵される確率を減らすことができます。